スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根の秘密極上トレイル堪能の巻

ウーン最近ブログが1週間遅れから2週間遅れの記事になりつつある。
仕事忙しくなると余裕なくなるのう。。


さて、去る5/16にTSUKKERさんの企画で箱根のトレイルに行ってきた。

早朝Ryoさんのプジョーでピックアップしてもらい、東名川崎から一路西へ。

TSUKKERさんは最近Yetiのオールマウンテンモデルを新しく組んでウキウキ。
SnowBoardでもかなり経験豊富な方らしく、冬山でも夏山でも乗り方はあくまでも”バックカントリー命”であるらしい。
そのツッカーさんが鼻息を荒くお勧めしてくれるトレイルなので、行きの車の中から自然に胸が高鳴る。

集合地点は箱根の山道をグネグネと随分登りきった先にある登山道入口の近所。
5月とは言え、非常に早朝に吹きすさぶ風はとても肌寒く、改めての標高の高さを実感。

帰りの温泉用にと取っておいたジャージを着込み待っているとやがていつものメンバーが集合。
TSUKKERさん、Ryoさん、Mr.SingleことM山さん、Hさん夫妻、Maさん、K田さん。
今日は随分車で登ってきたので基本下り基調のトレイル。
なので、車から自転車をおろしながらも早くもみな笑みがこぼれてる。
集合

本日は一本だけの下り。なので準備ができた時点で皆さんはバイクを残し、車をゴール地点へ移動。
お留守番の間、写真を何枚かパチリ。
↓K田さんのINTENSE SPIDER2。赤色がまさにフェラーリ!
INTENSE。ワシはこのバイクを所有していて”買って損した、後悔した”って人にあった事が無い。
乗れば納得のスーパーバイク。
K田さんINTENSE

↓H夫妻奥さんの愛車。ピンクでコーディネイトされたスペシャ!
最近見るたびにパーツが変わってる。王様のハブとか!旦那さん大丈夫!?
H奥さんスペシャ

さてさて、車を下ろしに行ったメンバーがTUSKKERさんの車に乗ってみんなで戻ってきた。
テンション高鳴り目指すはトレイルの入口。
天気も良くまさに最高の一日。
箱根トレイル入口

今回のコースは箱根のある程度の高い地点からふもとまでの尾根沿いを伝うコース。
ご機嫌下りトレイルからワールドカップダウンヒル、いやワールドカップトライアル!?コースまで変化に富んで、文字通りマウンテンバイクを100%楽しんだという実感が持てるコース。
例のごとく楽しいコースほど写真が少なくなる傾向はお約束で。。

以下断片的になりますが、みなさんの写真をば。
↓Ryoさん。Giant Trance、ほんとにイイバイクですな。
Ryoさん

↓Mさん。ワシみてましたよ。コーナーの手前で一回アウトに振って、軽く後輪ロック。
あっという間に方向を変えてスピードを殺さず流れるようにコーナーを抜けていった姿を。
本当に淀みないスムーズさに感服シモスタ。
Mさんコーナリング

↓攻めるだけなく、時には立ち止まってみんなで集合写真。
休憩ショット
↓こちらはバイクだけの写真。
バイク写真

↓休憩スポットで。TSUKKERさんのYETI。
スーパーカー。昔懐かしい響きですがまさにそんなバイクでした。
TsukkerさんYETI

↓ワシの5.SPOTも負けじと!
ワシのTURNER5SPOT

↓箱根トレイル醍醐味のネッコセクション。
これがほんっと楽しい。無心になって信じたラインを突っ込み、バイクと全身の屈伸で凹凸を受け止める。
ワシ、サムヒルやないかい!って気分に浸りながら何度もハイクアップして楽しみました。
あーまた走りたいっ!
ネッコを攻める

後半に行くにつれてコースはだんだんテクニカルに。
時には崩れかけた階段も交えまさにトライアルコース!
H夫妻が仲良く押しながらおりてきます。
Hさん夫妻


あっという間に、でもお腹いっぱいになりながらゴール地点に。
たしかにハードだった!まさにバックカントリー。
ここはまた来たいなぁ。
余韻を残しつつ一同温泉で思いっきり汗を流して帰りましたとさ。


おまけ
ライド後の駐車場でウィリーの奥義に開眼したMaさん。
次会った時は100mくらい余裕でいけちゃう!?感じですかね。
Maさんウィリー


色々なMTBブログありモンゴイカ。よろしければクリッコお願いいたしモス。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まいどどうも。
とても印象深いトレイルでした。
しかし、何故かウィリー講座の方がエネルギーを使ったような気がします。ww
そうですね、何とか漕げるように精進いたします。
では。

Re: No title

> まいどどうも。
> とても印象深いトレイルでした。
> しかし、何故かウィリー講座の方がエネルギーを使ったような気がします。ww
> そうですね、何とか漕げるように精進いたします。
> では。

どうもです^w^
Maさんのウィリーの写真、改めて見返してみましたが、
ほぼ理想のフォームだと思います。あとは練習あるのみ!
1kmも夢ではないです^w^
プロフィール

トクモシコフ

Author:トクモシコフ
自転車歴20年。MTBを中心にストリートトライアル、ロードバイクも楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。